qrcode.png
http://www.a1-shouji.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
株式会社エーワン商事
〒125-0041
東京都葛飾区東金町1-15-9
TEL.03-3609-8001
FAX.03-3609-6677
 

スタッフブログ

 
フォーム
 
映画の話
2020-08-06
 
【ユナイテッド ~ ミュンヘンの悲劇】
 
あらすじ・・・サッカーを続ける
 
『赤い悪魔』と呼ばれるイングランドサッカーの
強豪チーム “マンチェスター・ユナイテッド”に
悲劇が襲うなんとも悲しい実話です
 
1958年にチームを乗せた飛行機が
離陸に失敗し 大惨事となります
主力選手やチーム関係者の多くの人たちを
失くし チームの存続は不可能と思われます
しかしコーチはあきらめません
“残ったメンバーだけでは無理よ”  
“もうあきらめなはれ” いろいろ言われますが
断固戦います この覚悟には恐れ入ります
流石不死鳥のエンブレムを着けるチームです
もう “あっぱれ” 差し上げます
 
あらためてサッカーの持つ力とすばらしさを
再確認できるとっても熱い映画でした
 
 
 
映画の話
2020-05-28
 
【フォード VS フェラーリ】
 
あらすじ・・・フェラーリに勝ちたい
 
久しぶりのカームービー とっても面白かった
なんといっても映画に登場する車が良い
GT40とフェラーリはもちろんカッコいいんですが
やはりACコブラがたまりません
コブラを映画で観たのは “スクランブル” 以来かな?
ちなみに “激走!5000キロ” のコブラが最高です
 
大企業のフォードがルマン24時間レースで
常勝軍団のフェラーリに挑むというお話
フェラーリにコバカにされたフォードが
『エンツォをボコボコにしたるぅぅぅ』
てな感じで会社総出で戦います
 
この映画は主役の二人のキャラにつきます
この二人の大人げ無いことこの上ない
まんま子供です ケンカも子供のケンカです
ただレースにかける情熱は誰にも負けません
会社のことしか考えない勝手な奴や
勝つためにはどんな手段も厭わない奴
様々なキャラが出てきて非常に面白い
人間ドラマが展開されます
 
あろうことか映画館で見損なってしまいました
あのサウンドを劇場で体感しなかった私は
どうしようもないアホです
 
お願いいたします 再上演してください
 
本の話
2020-05-22
 
【ネメシスの使者 ~ 中山七里】
 
あらすじ・・・復讐する
 
またまた中山七里原作の社会派ミステリー
 
自粛生活のおかげで読書に映画三昧です
こんなことばかりしてていいのかと思いつつも
楽しく過ごしている今日この頃です
 
この本は死刑判決を免れた殺人犯の家族が
殺されてしまうという なんとも恐ろしいお話です
これは被害者遺族の復讐か はたまた司法制度に
対する挑戦的テロなのか という感じの
なかなか重厚な読み応えのある作品です
 
物語にはいろんなところに仕掛けが施されていて
最後につながる様はさすがの一言です
相変わらずのどんでん返しぶりもお見事
そしてなんといってもキャラがいい
各キャラクターのそれぞれに味があって
読んでて楽しくなります
stayhomeにおすすめの逸品です
 
しかし人の恨み辛みとは恐ろしいものです
おぉぉ怖っ!
 
映画の話
2020-05-22
 
【ジョーカー】
 
あらすじ・・・ジョーカーが生まれる
 
なんとも言えない素晴らしい映画です
 
これまで様々な名優たちが演じてきた
悪名高き我らのヒーロー “ジョーカー”
それらのどれとも違う新しいジョーカーです
しかしこの作品はダークヒーロージョーカーの
映画ではなく 主人公の人間アーサーの物語です
 
貧困 病 虐待 経済格差 犯罪等 様々な問題が
作品の中に描かれていて それを 悲しみ 憎しみ
哀れみ 狂気等で表現された映画となってます
 
ジョーカーを演じたホアキンがまた素晴らしい
お兄ちゃんも草葉の陰で喜んでいることでしょう
なぜアーサーがジョーカーになったのかを
切なくも悲しく また狂気に満ちた演技で表現し
そのジョーカーを映すカメラワークも見事です
こういう解釈で観るジョーカー とっても良かったです
 
ちらっと登場するウェイン家の執事
“アルフレッド君” ちょっと感じ悪いよね
いや かなり嫌な奴です
 
アルフレッドたる者 紳士たれ!
 
映画の話
2020-05-22
 
【ホテル・ムンバイ】
 
あらすじ・・・お客様は神様です
 
2008年に起きたムンバイ同時多発テロのひとつ
五つ星ホテルのタージマハルホテルで起きた
テロに焦点を当てた映画です
 
この映画 もう怖いのなんの
約2時間緊張感の続く 観ていて疲れる映画ですが
ホテル内の緊迫感やテロリストと対峙する恐怖感等
非常にリアルに描かれています
 
ホテルの従業員たちは宿泊客をテロリストから
守るために懸命に働きます 実際に犠牲になったのも
そのほとんどがホテル従業員です
もう頭が下がりっぱなしで上を向けません
 
“本当のプロフェッショナルとは何ぞや”
これをとても考えさせられます
また テロリスト側の悲しい事情が描かれてるのも
この映画の斬新なところでしょうか
 
恐怖 憤り 怒り 悲しみ 勇気 希望・・・
様々な感情が入り乱れますが いい映画です
 
酒呑みながら観ていても ちっとも酔いません
<<株式会社エーワン商事>> 〒125-0041 東京都葛飾区東金町1-15-9 TEL:03-3609-8001 FAX:03-3609-6677